FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-27 (土) | 編集 |
 うなぎはウナギ科で、深海で産卵しかえった稚魚は何千kmもの海を渡って春には日本の河川へ戻ってくる。市販のほとんどのうなぎは養殖である。
 うなぎがヌルヌルして捕まえにくいのはムコプロテインというたんぱく質のためで、ウロコのない皮膚を保護する役目をしている。
ムコプロテインは胃腸の粘膜を保護し、消化吸収を助けてくれる。
 うなぎにはイワシの100倍、牛肉の200倍もビタミンAやレチノールが含まれる。ビタミンAやレチノールは内臓、皮膚、目、粘膜などを強化し、免疫力・抵抗力を高める。ビタミンAの吸収を高める脂質の他、若返りのビタミンE、疲労回復に欠かせないビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などもバランスよく含む優れた食品である。美肌作りに必要なコラーゲンや血液をサラサラにして血栓を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)、脳の働きを高めるDHA(ドコサヘキサエン酸)なども豊富に含まれる。DHAやEPAは血中のコレステロール値を抑制し、動脈硬化などの生活習慣病も予防する。うなぎのキモにはビタミンAがうなぎの肉の部分の3倍も含まれているので、さらにすぐれた栄養素となる。うなぎが古くから滋養強壮の代名詞と呼ばれるのは、こうした高い栄養価のためで、体を温める効果もあり夏バテ予防食でもある。
 そのほか、うなぎの健康面での効果は体力回復、風邪・視力低下・皮膚障害・味覚障害・脳卒中の予防、口内炎・口角炎・ストレス・高血圧の予防、美肌、老化予防などが挙げられる。
 7月の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、日本人が夏期にビタミンAが不足するような食生活だったからだと言われている。うなぎの蒲焼には山椒をかけるといい。山椒はうなぎの消化を助け、うなぎの脂肪の酸化を抑える働きがある。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。