FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蓮根
2011-08-20 (土) | 編集 |
 れんこんの原産はインドといわれている。日本には中国から伝えられたが、最初は観賞用として栽培されていたようだ。現在、食用としてれんこんを食べているのは、日本と中国などのわずかな国々である。
 れんこんは蓮田といって泥沼の中で育つ。れんこんは地下茎の変形したもので根ではない。葉は水面に出ており、夏頃にきれいな花を咲かせる。収穫は秋から冬の寒い時期で、地下深くに育ったれんこんを傷つけないように掘り出すのはとても重労働である。土質によっては、ホースの水で泥を飛び散らせてれんこんを収穫したりする。収穫は楽そうだが、土質によってはれんこんに傷がついてしまうため、品質が落ちてしまうこともある。
 れんこんはビタミンCが豊富で、100g中55mgもあり、みかんの1.2倍に相当する量が含まれている。ビタミンCは本来熱に弱いが、れんこんはデンプン質主体のため加熱しても分解されにくい。ビタミンCは風邪を予防し、肌・皮膚の老化を防ぎ美容に役立つ栄養素である。喫煙者や疲れ気味の方にはオススメの野菜である。
 ぬるぬると糸を引くような粘り気があるが、これは納豆と同じ成分で糖タンパク質のムチンによるものである。ムチンはタンパク質や脂肪の消化を助け、食べ過ぎたときの胃腸の負担をやわらげる。荒れた胃を整える健胃効果や、滋養強壮効果がある。
 れんこんを切ったままにすると、アクが出て黒くなってくる。これは緑茶にも含まれるタンニンのためで、タンニンには消炎止血作用があり胃腸の炎症をやわらげるので、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、血便、鼻血などに効果的である。
 食物繊維も豊富で、腸のぜん動運動を高めて便通を促すほか、高血圧予防、コレステロールの低下、腸内に発生する発癌物質の排泄などの効果も期待できる。
 塩分を体外に排出するのを助けてくれるカリウムも多く含む。
 重みがあり、太くてまっすぐなものがいい。穴の内側が黒くなっていたり泥が入っているものは避ける。
 れんこんは空気に触れると変色してしまう。ポリフェノール化合物が酸素で酸化するためである。皮をむいたり切ったりしたものはラップで包むか、酢水に浸して保存する。
 れんこんには9~10個の穴が開いており、昔から「見通しがきく」として正月や慶事には欠かさず登場する野菜である。この穴は通気孔の役割をしていて、地上の葉から節を通って先まで繋がっている。れんこんには種が多いことから「多産」という意味もあり、縁起がいいとされている。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。