FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-14 (日) | 編集 |
 いわしは栄養価が高い上に、ヘルシーな食品として健康効果が注目されている食材である。以前はリーズナブルで食べやすい大衆魚だったが、近年はめっきり漁獲量が減り、値段もやや上がってきた。一年中を通して市場に出回るが、いちばん脂がのっておいしくなる旬は8~10月ぐらいである。いわしは約200もの種類がいるが、主に食用とされるのはマいわし、ウルメいわし、カタクチいわしなどである。
 いわしにはEPAやDHAといった不飽和脂肪酸が青背の魚の中で最も多く含まれている。これらは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きや、脳の働きを良くしたり老化防止に役立つなど、主に生活習慣病(成人病)の予防効果がある。「いわし百匹、頭の薬」という格言もあるくらいである。ただし、いわしに含まれるEPAやDHAなどの脂肪酸は、非常に酸化されやすいので、酸化を防ぐ働きのあるβ-カロチン、ビタミンC・Eなどの抗酸化ビタミンを含む食材と一緒に摂ることがポイントとなる。
 いわしには歯や骨の素となり骨粗鬆症を防ぐカルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが両方含まれており、成長期の子供や中高年の方にお勧めである。
 いわしは細胞を再生したり健康な皮膚や髪をつくるのに必要なビタミンB2、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリン、貧血を予防する鉄分、亜鉛・カリウム・ビタミンE ・セレンなども豊富で、良質のたんぱく質もたっぷりあって栄養的に非常に優秀な魚である。
 塩焼きや煮付け、つみれにする他、オリーブオイルやトマトソースとも相性が抜群でイタリアン風に調理してもいい。新鮮なものは刺身にしてもいい。梅干しや酢を入れて煮ると骨まで柔らかくなり、丸ごと食べることができる。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。