FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-19 (金) | 編集 |
 ねぎの原産は中国西部、シベリアとされている。日本では奈良時代ごろから食用していたようだ。関東では白い部分を食べる白ねぎ、関西では葉の緑の部分を食べる葉ねぎが好まれていたが、近年では、料理にあわせて使い分けるようになった。
 ねぎの緑色の部分は地上にでているところで、葉ねぎはほとんどの部分が地上に出ている。白ねぎの白い部分は土の中で太陽にあたらずに育ったから白いままなのだが、まず畑に溝を掘り、溝にねぎを植える。ねぎの成長にあわせて溝に土を入れていき、常にねぎの葉の部分だけが地上に出ている状態にする。溝が埋まって平らになったら土を盛り上げていく。やがて白くてやわらかい白ねぎが育つ。
 白い部分と緑の部分がはっきりしているものがいいといわれている。白ねぎは白い部分が硬くしまっているもの、葉ねぎは先の方まで緑色が鮮やかなものを選ぶ。葉ねぎは出荷の途中でも上に向かって葉がのびてくるので、横にしないで縦にして運ばれる。
 新聞紙などで包んで冷蔵庫で保存する。束で売られている泥付きのねぎは葉を少し出して、斜めに土に埋めておくと長持ちする。庭がない場合でも、新聞紙などで包み、葉を少しだけ出して立てておく。
 葉ねぎと白ねぎでは栄養成分の含有量に若干差があり、葉ねぎの方が太陽に当たって育つ分、栄養が豊富である。
 ねぎに含まれる主な栄養成分には、カロチン・ビタミンB群・ビタミンC・葉酸などのビタミン、カルシウム・鉄・カリウムなどのミネラルが挙げられる。
 カロチンは、活性酸素の働きを抑制する作用により癌を予防する。免疫力を活性化し、風邪を予防する効果がある。ビタミンCは肌を若々しく保つ美容作用を持ち、葉酸はビタミンB12と協調して正常な赤血球を作り、成長を促進する。
 カルシウムは骨や歯を丈夫にする重要な成分で、骨粗しょう症の予防に働く。鉄は貧血を予防し、カリウムは高血圧を防ぐ効果がある。玉ねぎにも含まれているねぎ特有の辛み成分アリシンはにおいの素で、白ねぎに多く含まれる。食欲を増し、胃のもたれを防ぐ消化促進作用や、体を温め、冷え性を防ぐ血行促進作用がある。 アリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれるので、ビタミンB1を多く含む食品と合わせると効果が大きい。アリシンは時間がたつと減ってしまうので、食べる直前に調理する方が栄養を無駄なく摂れる。アリシンには血行をよくし、疲労物質である乳酸を分解する作用があるので、肩こりや疲労回復にも効く。
 今では一年中食べられるが、ねぎは冬の野菜である。冷えた体を温め、疲労回復に効果のある野菜といわれている。昔から滋養強壮・鎮咳・去痰効果もあると言われており、様々な料理の薬味や具として用いられている万能野菜である。
 風邪をひいたときは、ねぎと少量の味噌・しょうがに熱湯を注いで飲むと、体が温まり、発汗が促されて熱が下がるといわれている。風邪だけではなく、冷え性の方にも効きそうである。
 ねぎ特有のにおいは、肉や魚の臭みをとり、薬味としてつかっても食欲増進に効果がある。鍋にするときは、葉ねぎは食べる直前に入れ、あまり火を通さずに食べるのが栄養を効果的に摂るポイントである。
 刻んだねぎを冷凍保存して毎回つかう分だけを解凍すれば手間は省けるが、細かく切ったものを保存するとねぎのにおいはなくなってしまう。加熱すると栄養が減ってしまうので、電子レンジには入れずに自然解凍がいい。できればつかうたびに刻んだ方がねぎの風味もよく、栄養も摂れる。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。