FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココア
2011-08-19 (金) | 編集 |
 ココアの原料はカカオ豆で、カカオマスポリフェノールという成分が豊富に含まれている。カカオマスポリフェノールは悪玉コレステロールを減少させて血液をサラサラにし、動脈硬化予防をサポートする。抗酸化物質(スカベンジャー)でもあり、活性酸素の攻撃から身を守るために働く。抗酸化作用で細胞を活性化させる力もあり、美容やダイエットをサポートするドリンクとしても人気が高い。ココアの原料となるカカオ豆(エクアドル産)100g中に含まれるポリフェノールは3.98gである。
 ココアに含まれる食物繊維はリグニンという。大豆や小麦粉、とうもろこしなどと並ぶほど優れた繊維で、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすはたらきがある。食物繊維は大腸癌の予防や便秘解消に効果がある。
 ココアはミネラルが豊富である。特に鉄分が多く、貧血気味の人や生理のある女性が飲むと鉄分が補給されるのでいい。体内の余分な塩分を排出する作用のあるカリウムもたくさん含まれている。
 甘いドリンクとして人気のココアは、そのまま飲むのはもちろん、菓子の材料にもなる。牛乳だけではなく豆乳で割ってもいい。甘さとほろ苦さのバランスが美味しいココアだが、健康を考えて砂糖の加減はほどほどにした方がいい。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。