FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大豆
2012-01-07 (土) | 編集 |
 「だいず」は漢字で「大豆」と書く。これは「大いなる豆」の意味から名づけられたとされている。「大いなる」とは、第1番目という意味で、大豆は1番目の豆という意味である。アメリカでは大豆を「大地の黄金」と呼ばれている。
 大豆は「畑の肉」といわれるほど「良質のたんぱく質」を30%以上(肉のタンパク質は約20%)も含むすばらしいたんぱく源である。必須アミノ酸のバランスも比較的よくとれており、たんぱく質のほかに植物性油脂やビタミンB1・E、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、葉酸、食物繊維なども豊富で、レシチン、サポニン、イソフラボンなど大豆特有の成分もある。一方、コレステロールはまったく含んでいない。
 大豆たんぱく質には血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能があり、血液をさらさらにしてくれる。たんぱく質は人間の筋肉や内臓などをつくっている成分であり、生命維持に不可欠な重要な栄養素である。必須アミノ酸をバランスよく含むたんぱく質を栄養価の高い「良質のたんぱく質」と呼び、肉や卵は「良質のたんぱく質」を豊富に含む代表的食品である。一般に植物性食品のたんぱく質は栄養価が劣るが、大豆たんぱく質は肉や卵に負けない良質のたんぱく質である。しかも大豆には他の作物よりずっと多い量のたんぱく質が含まれている。大豆たんぱく質の消化吸収率は納豆で91%、豆腐では95%であり、とても効率のよい食品といえる。
 大豆に含まれる脂肪酸のリノール酸はコレステロールの付着を防いでくれる。リノレン酸は細胞を活性化し、学習能力を向上してくれる。食物繊維は腸の働きを活発にし、便通を促す。大豆オリゴ糖はビフィズス菌を増殖させ、腸内環境を活性化してくれる。ビタミンB群は美容のもとであり、ビタミンEには抗酸化作用(活性酸素を抑えて体の老化 ・酸化を防ぐ作用)がある。
 リン脂質のレシチンにはコレステロールを下げたり、抗酸化作用がある。血液をさらさらにしてくれるだけでなく、神経伝達物質のアセチルコリンをつくって痴呆症予防や学習能力の向上の効果もある。サポニンにも抗酸化やコレステロール低下、抗肥満作用があり、癌のもととなる過酸化脂質を分解してくれる。
 大豆イソフラボンには女性ホルモン様作用があり、 女性ホルモンの減少による更年期障害、骨粗鬆症もある程度改善できる。 コラーゲンの代謝を活性化し、肌を美しくしてくれるといった機能のほか、男性の前立腺の病気をはじめとして生活習慣病の予防などにも注目されている。
 したがって大豆は、動脈硬化や高血圧、糖尿病、 肝臓病、肥満など、生活習慣病の予防にたいへん有効である。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
2011/09/09(Fri) 21:23:58 | 
2011/09/19(Mon) 07:51:26 | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。