食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蕎麦
2012-12-02 (日) | 編集 |
 蕎麦の原産地は中国南部で、奈良時代に日本へ渡来したといわれているが、全国の縄文遺跡には蕎麦栽培の跡が見られる。5世紀には栽培していたともいわれ、文献上は奈良時代の『続日本紀』に出てくる。渡来した当初は、米の代用食として蕎麦をかゆ仕立てにしたり、蕎麦粉を水で練って蕎麦がきとして食べており、麺の形となったのは江戸時代になってからだった。
 蕎麦はアミノ酸をバランスよく含むほか、植物繊維、たんぱく質、ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄分も豊富である。日本人に不足しがちなビタミンB1・B2が多く、小麦や米などの2~3倍も含まれている。これらは食欲を増進させ、いらいらを鎮め、疲労感を減少させ、口内炎、口角炎、脱毛や爪のまわりのささくれなどを改善させる。 老化を防ぐビタミンEや、便秘に効果のある食物繊維(ヘミセルロース)が多く、低脂肪のため多少食べ過ぎても消化が早く低カロリーであることから、女性には最適のダイエット食品である。たんぱく質は米の2倍近くもある。
 毛細血管を丈夫にして高血圧を予防するルチン(ビタミンP)が豊富に含まれている。穀類では蕎麦だけに含まれる特別な成分である。主成分であるフラボノイドがビタミンCの働きを活発にし、血液の循環をよくする。そのため髪の毛の100分の1という毛細血管も強化し、脳出血・高血圧症などのあらゆる成人病の予防、改善を助ける働きがある。中国では蕎麦の茎や若葉は蕎麦桔(きょうばくかく)と呼び、止血剤や毛細血管強化材として使用している。
 ルチンは水に溶けるので、蕎麦を茹でた湯「蕎麦湯」を飲むのがオススメである。蕎麦粉はクレープをはじめ、シフォンケーキやスコーンといった菓子にも利用できる。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。