FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうめん
2011-09-08 (木) | 編集 |
 そうめん(素麺)は消化がよく食べやすいので、夏場の食欲がないときの栄養補給源として役立つ。清涼感があり、夏の麺料理を代表する小麦製品である。そうめんと同じ麺製品にうどんがあるが、麺の太さが1.3mm未満のものをそうめんと呼ぶ。そうめんは日本の麺では唯一、乾麺の状態でのみ流通する。
 奈良時代に遣唐使によって中国から伝えられた小麦粉の菓子、索餅が縄のように変化してそうめん(索麺:さくめん)になった。そうめんは白飯、パンなどと同じく主に炭水化物源で、主食となる食品である。しかし白飯以上に栄養が豊富に含まれている。
 そうめんのコシをつくっているのはグルテンという小麦粉のたんぱく質である。そうめん1人前と白飯1杯を比較すると2倍ものたんぱく質が含まれている。
 そうめんには食物繊維も多く含まれており、白飯1杯の4倍、玄米ご飯1杯と同程度の量がある。カルシウムも米飯より多く含む。そのほか、そうめんはビタミンBも含んでいる。そうめんを摂ることで疲労感、倦怠感などの解消に役立つ。
 ただしそうめんだけでは1食に必要なたんぱく質も食物繊維も補いきれない。ビタミン、ミネラルも不足してしまう。おかずを工夫したり、ねぎなどの薬味をとる必要がある。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。