FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シジュウム
2011-09-08 (木) | 編集 |
 シジュウムはフトモモ科バンジロウ属の常緑低木で、仲間は百数十種類ある。花期は3月~5月である。別名「バンセキリュウ」「バンジロウ」とも呼ばれる。南米原産の植物で、子供の拳ぐらいの大きさの果実をつける。インディオたちには「聖なる木」と呼ばれ、強い抗菌・殺菌の力がある葉は皮膚病・切り傷・胃腸薬・火傷の治療薬としてつかわれていた。
 タンニン、ビタミンB群などが含まれ、糖尿病や高血圧、花粉症やアトピーなどアレルギーの改善をサポートするとして注目をあびている。
 シジュウムは錠剤などのサプリメントや葉の茶などが市販されている。ほかのアレルギー改善をサポートする健康食品とブレンドされているものも数多くある。
 シジュウム茶の「シジュウム」は、シジュウムの学名「Psidium guajava Linne」の最初の部分から取られている。同様に学名の「guajava」の部分から「グァバ」とも呼ばれている。よって「シジュウム茶」と「グァバ茶」は同じものである。シジュウム茶を購入するときに、探してもないようなら「グァバ茶」を探すといい。
 シジュウム茶はほうじ茶のような味がする。シジュウム茶葉にはタンニン、クエン酸、シュウ酸、乳酸、リンゴ酸、ギ酸、葉緑素、各種ビタミン、ミネラルが含まれている。アレルギーやメタボリックシンドローム、生活習慣病などの予防や緩和、胃腸の不調の緩和などの効果があり、美容面でもダイエットや美肌、アンチエイジングに効果的とされている。特にアレルギーの元となるヒスタミンを抑える効果がかなり強いので、アレルギーに悩んでいる人にはオススメである。
 シジュウム茶を病気の治癒目的で飲む場合は、毎日つづけて飲まずに「3日飲んで1日休む」「1週間飲んで2日休む」といった具合にすると、効能が落ちずに持続する。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。