FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ししとう
2011-09-08 (木) | 編集 |
 ししとうは「シシトウガラシ(獅子唐辛子)」の別名で、先端が獅子に似ているからこの名前がついた。ナス科の唐辛子の甘味種で、植物学的にはピーマンと同種である。ときどきとても辛いものにあたることがあるが、とうがらしの一種だからである。未熟な果物を収穫したものを食用としているが、ししとうも成熟すると赤くなる。ししとうの旬は7月~9月である。
 ビタミンCが豊富で、ピーマンよりも多く含まれている。他にも、ビタミンA、ナイアシン、カリウム、食物繊維などが含まれている。免疫機能を高め疲労回復に役立つ効果がある。美容に最適で、細胞の老化を防止する。 ダイエットにも効果がある。余分な塩分を排出し、利尿作用があり、むくみやすい人にいい。免疫力を高め、風邪を予防する。食物繊維を含んでいるので便秘を解消する。含まれているカプサイシンにより新陳代謝がよくなり、熱エネルギーが体外に排出される。
 つや・香りがあり、緑が濃くて、細く小さめのものがいい。ししとうは焼いても、煮ても、揚げても美味しく食べられる。輪切りにして薬味にしてもいい。そのまま加熱すると内部の空気が膨張して破裂することがあるので、加熱する前に包丁の先で小さく穴をあけておくといい。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。