食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-06 (土) | 編集 |
 マグロは日本人に好まれる。マグロといってもクロマグロ(ホンマグロ)やミナミマグロ(インドマグロ)、価格が手頃で人気のあるマバチマグロなど種類も豊富である。マグロは無駄のない魚で、きめ細かく淡白な赤身、背中や腹の霜降り部分のトロがあり、トロにも一尾に数%しか摂れない大トロとそれよりは脂肪分の少ない中トロがある。
 マグロの赤身は高たんぱく、低脂肪、低カロリーの健康美容食である。ダイエット中の場合、トロは脂質が多く含まれていて少しカロリーが高い。同じマグロでも赤身なら1/3のカロリーになる。しかしトロには動脈硬化を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)やビタミンA・D・Eが赤身よりも多く含まれている。
 マグロの赤身はタンパク質が豊富で、栄養素が集中している。赤身マグロにはメチオニン、シスチンなどの硫黄を含むアミノ酸が豊富に含まれている。硫黄を含むアミノ酸は肝臓の働きに必要で、酒の飲みすぎが心配な方にオススメである。老化現象の代表に肝臓の衰えがあげられるが、マグロは肝臓の働きを助けてくれる。
 マグロに含まれているタウリンは交感神経の高ぶりを抑え、血圧、血中コレステロールを下げて動脈硬化を防ぐ。鉄分やビタミンB12は貧血の予防、解消に役立ち、たんぱく質には人間の体内では合成されない必須アミノ酸が含まれている。栄養素の代謝を助けるビタミンB6やパントテン酸などが含まれていて、体内の水分を正常に保ち、神経や筋肉の機能を助けるカリウムが豊富に含まれている。
 20歳を過ぎると人間の細胞は老化しはじめる。物忘れがひどくなったら脳細胞の損傷が激しくなった証拠で、老化現象の始まりと考えられる。マグロには老化を防ぐ核酸も豊富である。
 マグロに含まれるEPAは悪玉コレステロールを沈着させず、血栓を予防する。マグロは脳細胞を活性化させ、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が魚の中でもトップである。EPAやDHAなどの脂肪酸は動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があると言われている。
 マグロの血合い部分にはコレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリン、血行をよくして美肌・肩こり・腰痛に効果があるビタミンE、貧血の予防に効果的な鉄が多く含まれている。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。