FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-03 (土) | 編集 |
 全国で栽培されている米で多い品種はコシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれの順である。都道府県別で収穫量が多いのは北海道、新潟、秋田の順である。米の一人当たりの消費量は年間60kgといわれている。
 ごはんは太ると思われがちだが、ごはんはパンより低カロリー・低脂肪な食品である。食物繊維も含まれているのでダイエットや便秘を気にしている女性にもうれしい食品である。
 米に含まれる成分としては、糖質、タンパク質、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛、食物繊維などがあげられる。
 米を研ぐとき、最初はたっぷりの水を入れ、1~2回かき混ぜてすぐに水を捨てる。一番初めを手早くするのは、流れ出したヌカが逆に米についてヌカ臭くなるのを防ぐためである。あとは、濁った水がきれいになるまで3~4回同じように水を入れて両手ですりあわせるように繰り返し洗う。3合ほどの米なら2~3分で終わるくらい手早く研ぐのがコツである。
 ごはんを炊く前に夏場は30分、冬場は2時間くらい水に浸したままにしておく。水加減は炊飯器の目盛りを目安に、基本は米の容量の30%増し(米:水=1:1.3)ぐらいである。新米は水分を多く含んでいるので、通常より水を少なめにするといい。研いだ後にザルに30分くらいあげておくと美味しいという話もあるので、自分の好みでいろいろ試してみるといい。
 炊飯器で炊いたら蒸らす。蒸らしの間(10分~15分)はふたを開けてはいけない。蒸らしが終わったら、しゃもじでまわりから切るようにしてまぜる。米粒の間にある余分な水分をとばして、一粒一粒ふっくらしたごはんに仕上がる。炊きあがったごはんは場所によって美味しいところとそうでないところがあるので、味を均一にするためにもまぜる必要がある。
 米を研がなくていい米として無洗米がある。無洗米は精米する過程で完全に除去できない米の付着ヌカを少量の水(米1kgに対して150ccの量)をつかって除去してある。加工工程では薬品、食品添加物は一切使用していない。米の表面の付着菌も少ない。家庭で研いだ米は、実は大事な栄養も一緒に洗い流しているが、無洗米は不要なものだけを取り除いてあるので、普通の米より栄養価が高い。
 ごはんを冷蔵庫で保存する場合、冷ましたごはんを密封容器に入れるかラップなどでしっかり包む。食べるときには水や酒を少々加えて電子レンジに入れれればふっくら美味しく食べられる。しかし保存は2日が限度である。
 冷凍庫で保存する場合は1ヶ月くらいなら大丈夫である。1度に使う分ずつ小分けにして、ラップやフリーザーパックで密封する。なるべく薄く平らにしておくと解凍時間が短縮され、均一に温められるので更に美味しく食べられる。しかしなるべく早く食べるのが一番である。古くなったごはんはチャーハンや雑炊にするといい。
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。