FC2ブログ
食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バジル
2011-08-27 (土) | 編集 |
 バジルは強い芳香と殺菌効果をもつシソ科一年草の香辛料の一種で、原産地はインドからインドシナ半島にかけての地域である。正式名称は「バジリコ」、和名は「メボウキ」といい、「バジル」というのは英名になる。16世紀にヨーロッパに伝わり、現在はスぺインやイタリア、フランスなど南ヨーロッパやアメリカで主に栽培されている。日本には江戸時代に種子が漢方薬として輸入された。黒い小粒の種子は水分を与えるとゼリー状に膨らみ、目の汚れを取り除く目薬とされた。バジルは10種類以上あり、一般的にはスイートバジルやブッシュバジルが主流である。
 ビタミンでは、カロチンやビタミンEが多いが、他はあまり目立つほどではない。カルシウム、鉄分、マグネシウムなどのミネラルはかなり多く含まれている。
 疲労回復、強壮作用をもっているので疲れているときにいいといわれる。殺菌・抗菌作用が強く、鼻の通りをよくする効果や、風邪、鼻炎、気管支炎、解熱、口内炎、下痢止め、腎臓病など細菌性の病気の予防に効果がある。微量だがサポニンを含んでいるため咳止めの効果も期待できる。
 スパイシーでさわやかな香りは単に食欲をそそるだけでなく、胃炎や胃酸過多など胃腸の働きを整える作用があり、脂っこい料理に添えると胃がもたれにくくなる。消化促進効果もある。
 香りの成分は大きくテルペンとフェノールに分類され、抗酸化作用があり、癌を引き起こす活性酸素を抑える働きがある。アロマテラピーにおいて、気分転換やリラックス効果など、いらだった神経を静める働きもよく知られている。さわやかな香りには頭痛、めまい、不眠症を和らげる作用もある。エッセンシャルオイルとしても用いられている。
 ただしバジルにはメチルカビコールという刺激物質が含まれているので、肌の弱い人はあまり直接触れない方がいい。妊娠中の方や小さな子ども、重病人にもあまり使用しない。しかし母乳の出がよくなる効果や、脳をスッキリさせる作用も強いといわれている。
 同じく香りの成分シネオールは蚊が嫌がるにおいのため虫除けにもなる。
 バジルは様々な食材・調理法と相性がよく、利用範囲の広いハーブである。バジルの葉を生のまま、あるいは乾燥させたものをハーブとして料理に使用する。
 イタリア料理につかわれることが多く、日本では主にオリーブオイルとバジルの葉でつくられるペスト・ジェノヴェーゼというソースのパスタがある。トマトとの相性がいいのでバジルの葉とトマト、モッツァレッラチーズをあわせたサラダや、同じ組みあわせのピッツァであるマルゲリータなどの料理が馴染み深い。
 肉や魚など食材の臭みを消す作用があるので、台湾料理やタイ料理などのエスニック料理にもつかわれ、肉料理、魚料理など幅広く使用される。水に浸した種子をデザートや飲物にも使用する。バジルの種子には食物繊維が豊富に含まれるので、ダイエット補助食品としても効果が期待できる。
 バジルもハーブティとして楽しむことができる。バジルのみだけでなく、カモミールやミント系の他のハーブとブレンドしても、香りを楽しみながら飲むことができる。
 葉から芳香油をとり、せっけんや飲料の香付けにつかうこともある。
 殺菌作用もあり、生の葉を揉んですりつけると、虫さされやにきびなど炎症の緩和に効果がある。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。