食材や健康食品やサプリメントの栄養・調理方法・料理方法・保存方法・豆知識を紹介。
スポンサーサイト
-------- (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-06 (土) | 編集 |
 マグロは日本人に好まれる。マグロといってもクロマグロ(ホンマグロ)やミナミマグロ(インドマグロ)、価格が手頃で人気のあるマバチマグロなど種類も豊富である。マグロは無駄のない魚で、きめ細かく淡白な赤身、背中や腹の霜降り部分のトロがあり、トロにも一尾に数%しか摂れない大トロとそれよりは脂肪分の少ない中トロがある。
 マグロの赤身は高たんぱく、低脂肪、低カロリーの健康美容食である。ダイエット中の場合、トロは脂質が多く含まれていて少しカロリーが高い。同じマグロでも赤身なら1/3のカロリーになる。しかしトロには動脈硬化を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)やビタミンA・D・Eが赤身よりも多く含まれている。
 マグロの赤身はタンパク質が豊富で、栄養素が集中している。赤身マグロにはメチオニン、シスチンなどの硫黄を含むアミノ酸が豊富に含まれている。硫黄を含むアミノ酸は肝臓の働きに必要で、酒の飲みすぎが心配な方にオススメである。老化現象の代表に肝臓の衰えがあげられるが、マグロは肝臓の働きを助けてくれる。
 マグロに含まれているタウリンは交感神経の高ぶりを抑え、血圧、血中コレステロールを下げて動脈硬化を防ぐ。鉄分やビタミンB12は貧血の予防、解消に役立ち、たんぱく質には人間の体内では合成されない必須アミノ酸が含まれている。栄養素の代謝を助けるビタミンB6やパントテン酸などが含まれていて、体内の水分を正常に保ち、神経や筋肉の機能を助けるカリウムが豊富に含まれている。
 20歳を過ぎると人間の細胞は老化しはじめる。物忘れがひどくなったら脳細胞の損傷が激しくなった証拠で、老化現象の始まりと考えられる。マグロには老化を防ぐ核酸も豊富である。
 マグロに含まれるEPAは悪玉コレステロールを沈着させず、血栓を予防する。マグロは脳細胞を活性化させ、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が魚の中でもトップである。EPAやDHAなどの脂肪酸は動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があると言われている。
 マグロの血合い部分にはコレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮するタウリン、血行をよくして美肌・肩こり・腰痛に効果があるビタミンE、貧血の予防に効果的な鉄が多く含まれている。
モロヘイヤ
2011-08-19 (金) | 編集 |
 モロヘイヤの原産地はエジプトといわれ、クレオパトラも好んで食べていたという。現在ではどこのスーパーでも手に入るポピュラーな野菜だが、日本で本格的に栽培が始まったのはほんの十数年前のことである。
 古代エジプトの伝説に、どんな薬を飲んでも治らなかった王様の難病がモロヘイヤのスープで治ったという話がある。それ以来、アラビア語で「王様の野菜(ムルキーヤ)」と呼ぶようになったのが語源のようである。
 モロヘイヤの栄養価は非常に高い。カロチンの含有量は野菜の中ではトップクラスでホウレンソウの4.6倍、ブロッコリーの19倍も含まれている。細胞の老化を遅らせて、血管や粘膜を丈夫にしてくれる。
 日本人に不足しがちなカルシウムはホウレンソウの9倍、ブロッコリーの10倍も含んでいる。カルシウムとビタミンKの組み合わせで骨粗しょう症を予防したり、イライラを防いでくれる。怒りっぽい人やストレスの多い人にはオススメの栄養素である。
 ビタミンB1、B2がそれぞれホレンソウの5倍と、いかに栄養価の高い野菜であるかが分かる。ビタミンC・E、カリウム、鉄などが他の緑黄食野菜に比べて、はるかに多く含まれている。ビタミンCはモロヘイヤに多く含まれている鉄分の吸収を助ける効果があるので、貧血、めまい、息切れなどの若い女性に多い症状の改善に役立つ。ビタミンCは免疫力を高める効果もある。外食やインスタント食品が多い現代人にはオススメの野菜だといえる。
 免疫の活性化、癌や老化の予防、骨粗鬆症の予防、胃粘膜の保護、疲労回復、高血圧予防、精力増強作用、肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、貧血の予防など様々な効能が挙げられる。
 ヌルヌルとしたねばりには水溶性の食物繊維が豊富に含まれている。食物繊維にはコレステロール低下作用をはじめ、便秘を改善、肥満・高脂血症・動脈硬化・糖尿病の予防、大腸癌予防など、生活習慣病(成人病)の予防に優れた効果がある。
 モロヘイヤを刻むとねばりが出てくる。ねばりの素はムチンという成分で、オクラやナメコ、里芋などの野菜に共通して含まれている。ムチンは糖とタンパク質からできた物質で、糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑える働きがあり、糖尿病などの予防に効果がある。胃壁を保護してくれるので、消化不良や食欲不振を防いで胃のトラブルを予防する。
 葉は濃い緑色で、葉先や茎の切り口が変色していないものを選ぶ。鮮度が落ちるとかたくなってしまうので、なるべく早く食べる。
 保存するときはさっと手早くゆでた後、よく水切りをしてラップなどに一回分ずつ小分けして冷凍する。冷凍する前に刻んでおけば調理の手間が省けて便利である。
 モロヘイヤは栽培が簡単なので家庭菜園で育てている方もいる。しかしモロヘイヤの種には毒性があるので、自宅で育てている場合は子供が誤って口に入れたりしないように注意が必要である。
蜜柑
2011-08-19 (金) | 編集 |
 みかんの原産地は中国らしい。中国から渡ってきた柑きつ類の中から、突然変異してできたのが温州みかんだと考えられている。
 冬の代表的な果物として人気の高いみかんだが、最近は品種改良とハウス栽培の技術が発達し、保存法も改良が進んで長期間に渡って味わえるようになった。
 みかんも消費者の好みにあわせていろんな品種がつくられている。最近では、選果場が機械化されたりして、より新鮮な状態で消費者へ届けられるようになった。光センサーでみかんの甘味や酸っぱさを調べられるので、いつも美味しいみかんを食べられるようになった。
 栄養価が高く、特に豊富に含まれているビタミンCは、みかん2個で大人一日分を満たすといわれている。ビタミンCはコラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがある。肌・皮膚を若々しく保ちたい方にオススメの栄養素である。ウィルスや細菌に対する抵抗力をつけて風邪を予防し、血管の老化を防ぎ、癌を予防する栄養素としても注目されている。鉄分を吸収しやすくしてくれる栄養素でもある。疲れやストレスを感じている人、運動量の多い人、タバコを吸う人はビタミンCを消耗しやすいため、積極的に摂りたい栄養素である。調理で損失しやすいビタミンCは生で食べられるみかんで摂るのが効率的である。
 みかんに含まれているβクリプトキサンチンというオレンジ色の色素には、発癌性物質から細胞を守り、癌の抑制効果があるといわれている。もともとガン予防に効果があると言われていたβカロチンを多く含む温州みかんだが、βクリプトキサンチンはβカロチンの5倍の働きをすると言われている。
 成長促進作用のあるビタミンAやB群、むくみの改善、利尿作用があるカリウム、便秘を改善し大腸ガンを予防する食物繊維といった体に有益な成分を多く含んでいる。みかんの酸っぱい成分のクエン酸は血液をサラサラにして、栄養の吸収を高めてくれる。クエン酸は体が酸性化して疲れの原因になる酸性物質を取り除く働きをもっている。
 みかんの白いスジには意外と栄養がある。ヘスペリジンと呼ばれるビタミン様作用物質(ビタミンと同じような働きをする物質)が含まれている。毛細血管を強化し、ビタミンCと一緒に血圧の上昇を抑制してくれる。中性脂肪を分解する働きもある。
 スジや袋には、ペクチンという食物繊維が豊富に含まれていて、腸の中の水分を調節してくれるので便秘にいい。ペクチンは果肉にも含まれているが、袋ごと食べると4倍も多く摂ることができる。白いスジや袋はなるべく取り除かずに丸ごと食べるのがオススメである。
 みかんの皮は陳皮という漢方薬である。皮を天日干しにしてカラカラに乾燥したら、砕いて熱湯を注いで飲んだりする。新鮮な果皮を煎じてはちみつなどを加えて飲むと風邪や胃弱に効く。果皮30gに対して600ccほどの水で、3分の2ぐらいになるまで煎じ、はちみつなどを加えて飲む。皮を乾燥させて風呂に浮かべてみかん風呂にするのもいい。
 高い健康効果が期待でき味覚も楽しめるみかんだが、体を冷やす作用もあるので、食べ過ぎには注意が必要である。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。